レディー

多汗症の症状事例を知ることで適切な対処を行なう

多汗症の治療方法

ワキを触る人

多汗症の治療を行なっている美容外科では、最新式の医療機器を使用した多汗症・わきが手術を行なっています。手術の種類も様々で、選択する種類によって施術費用や施術時間に違いがあります。時間や費用面の負担がなく、気軽に行なうことができる施術として、ボツリヌス・トキシンの注射施術が挙げられます。多汗症の原因となるエクリン汗腺の働きを抑えることで、その効果が期待されます。手術や入院をする必要がない、ボツリヌス・トキシン注射は、効果期間も半年ほどと長いため、露出が多くなる夏の季節だけに利用する人も多いようです。また、2万円ほどの安い施術費用は、金銭的な余裕のない学生さんにも、利用いただける施術となります。
切開を必要としない施術として、超音波治療もとても効果的です。多汗症やわきがの原因となるエクリン汗腺・アポクリン汗腺に超音波を当てることで、汗腺を破壊するのが超音波治療の流れです。超音波の周波数を調整することでエクリン汗腺・アポクリン汗腺にダイレクトに施術を行なうことができるので、他の細胞組織を傷つけることがありません。しかし、超音波治療は保険適用のため、施術費用が自己負担になります。そのため、20万円から30万円ほどの施術費用を見積もっておきましょう。
健康保険が適用されていることから、安い費用で施術が行なえることから、完全摘出法による治療が人気です。汗が発生する場所を切開することで、汗腺を直接取り除くことができます。完全摘出法の施術にはメスを使用するため、施術時間も2時間ほどと長くかかってしまいます。ワキなどの場所によっては、シワに沿って切開を行なうので、施術後のキズも目立つことがありません。費用も20万円ほど安いことや、多くの病院で施術を行なっていることから、一般的な治療方法ともいえるでしょう。
その他では、レーザーを使用した治療方法もあります。マイクロ電磁波でエクリン汗腺・アポクリン汗腺を破壊することで、汗の発生を抑えます。確実に汗腺を破壊できる方法として効果が期待されていますが、導入から間もない最新式の治療であることから、施術を行なっている病院が少なく、高額な費用がかかってしまうデメリットがあります。
様々な治療方法を検討することで、適切な手術を行なうことができるでしょう。