汗の量もニオイも治療で解消

多汗症の症状事例を知ることで適切な対処を行なう

対策を行なう

腕を上げる女性

多汗症やわきがといった体の悩みは、誰にも相談できないデリケートな問題です。制汗グッズを利用することや、手術を行なうことで、これらの問題を解決することができます。

More...

多汗症の治療方法

ワキを触る人

多汗症の治療には、様々な方法があります。メスを使わないレーザー式・超音波式の治療方法は、身体にキズが残らないメリットがあります。メスを用いた切開手術は、保険が適用されることから、安くできる手術として人気です。

More...

多汗症の症状と原因

女の人

多汗症の問題の1つに精神的なストレスや緊張によることが挙げられます。日常生活では、多汗症の症状がでなくても、プレゼンなどで人前にでた途端に、汗が止まらなくなってしまう人は多いでしょう。そのようなケースでは、交感神経の作用が大きな理由だと考えられています。交感神経はストレスや緊張を感じた時に活動する神経で、発汗を促す作用があります。そのため、ストレスや緊張を感じた時に交感神経が作用して汗をかいてしまうのです。交感神経が敏感な人は、多汗症になる傾向が高いとされています。また、交感神経とホルモンバランスには密接な関係性があるため、ホルモンバランスが乱れてしまうと多汗症になる可能性も指摘されています。
生活習慣の乱れは、ホルモンバランスが乱れる大きな原因です。暴飲暴食や飲酒、喫煙などの不摂生や、睡眠不足や運動不足などの生活の乱れを改善することで、ホルモンバランスを整えることができるでしょう。
ホルモンバランス以外では、代謝や内分泌に関する病気を患っている方も多汗症の可能性があります。糖尿病や急性リウマチ、生殖器障害などの疾患をお持ちの方は、症状による影響がある可能性があります。
多汗症の種類は大きく分けて2種類に分類されます。
全身から大量の汗をかく全身性多汗症は、ホルモンバランスの乱れが大きな原因になります。
多くの人に該当する症状として、手のひらや頭部など限定された場所から汗をかく、局所性多汗症が挙げられます。局所性からなる症状は、ストレスや交感神経が原因と考えられています。手掌・足蹠・腋窩・頭部・顔面多汗症といったように、汗が発生する場所によって病名が決められています。
多汗症の治療を行なう際は、汗が発生している箇所を正確に把握しておくことが大切なポイントになります。
自分の症状を把握するためには、セルフチェックを行なうと良いでしょう。大量に汗をかくことが1週間に1回以上のある方や、自宅や寝ている時には汗をかかないなど、様々な状況から分析することで、より正確なセルフチェックができるでしょう。また、皮膚科や美容外科などを受診することで、自分の症状を把握することができるでしょう。

病院の選び方

ボディ

多汗症治療は、信頼性の高い病院を選択することで、的確な治療を行なうことができます。手術にかかる費用だけではなく、アフターケアなどのサービスを確認することで、安心して病院を利用することができるのです。

More...

効果的な制汗対策

カウンセリング

夏が近づき、多汗症や汗っかきの方には過ごしにくい季節になってきました。汗を抑えるための制汗対策を行なうことで、多汗症のコンプレックスを解消することが期待できるでしょう。

More...

アフターケアが大切

脇

多汗症の治療手術は、即日で退院できるメリットがあります。傷口を早急に完治するためにも、アフターケアをしっかり行なうことが大切です。アフターケアは身体への負担を軽減させるだけではなく、1日も早く日常生活に復帰するためにも大切なことです。

More...